天空が近くに感じた夏の明け方

例えば、地球に初めて来た宇宙人に「卵焼き」のことを説明するとしたら、どんなふうに言う?「彼女」の雰囲気とか、いやいや、まず地球や日本のことから説明始めるのかもしれない。
HOME

雨が降る平日の夕暮れは昔を思い出す

夏はビールがすごくうまいけれど、最近少ししか飲まなくなった。
20歳のころは、どんな量でも飲めたのに、年とともに次の日の朝にアルコールが残るようになってそんなには飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃は大変あこがれ、行くことがとっても楽しみだったけれど、仕事の関係であきるほど行って、私の心の中では、今では、印象が悪い。
けれども、取引会社との付き合いの関わりでたいそう久々にビアガーデンに行った。
すごく久々にうまかったけれど、テンションが上がってとても飲みすぎて、やはり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

ひんやりした週末の午前にひっそりと
私は仕事の関係で、日光へ向かうことが頻繁だった
関東地方の北寄りに位置する日光市は栃木県にあって、内陸の県で、多くの山に囲まれている。
そのことから、冬が来ると積雪し、除雪車やチェーンが必須だ。
紅葉が始まると、と東北道を使い、2泊3日の予定で行って、無事に帰り、また2泊3日という生活スタイルが多くて、テレビなどのメディアで日光市が登場すると懐かしくなる。
日光を見ずして結構というなかれという面白い言葉がある位なので、一度は行ってみてほしい市だ。
ちょっとだけ話をさせてもらうと、ツアーのメインはやっぱり東照宮。
江戸時代に活躍した家康の墓があるところで、境内の様子に驚かされる。
そして、山の奥にある日光の湯元温泉
硫黄泉らしく、乳白色で高温の温泉。
この温泉につかると、冷え症が完治すると思う。
日光東照宮が建てられたときには、日光のこのお湯を目標に湯治客が集まったらしい。
その様子が想像可能な古い歴史を持つ日光。
旅館や民宿の紹介も兼ね,雑誌にも多く載っているこの場所に、ぜひまた行ってみたいと思っている。

湿気の多い休日の早朝に料理を

今日この頃、大衆小説を読破することはわずかになったが、1年前に北方謙三版の水滸伝にはまっていた。
別な水滸伝を軽く読んだ時は、かったるくて、没頭することはなかったが、水滸伝の北方版を精読したときは、熱中し、読み進めるのが止まらなかった。
会社の仕事の昼休みや仕事が終わってからの夕食中、入浴中でも読破して、1日一冊ずつ精読していた。
作中人物が血が通っていて、男らしい登場人物がとっても多く、そんなところにはまっていた。

雨が降る大安の日没はお酒を
このところは、近くの海に釣りに行ってない。
業務でめっちゃ激務で出かけられないのもあるが、しかし、とても日差しが強いので、釣りに行きにくいのもある。
それに加え、休憩中に近くの漁港を見て、釣り人に聞いても多く釣れている気配が全然ないから、楽しみにして出かけたいとは寂しいが思えない。
大変いっぱい釣れていたら出かけたくなる。

汗をたらして踊る姉ちゃんと失くしたストラップ

娘の3歳の誕生日が近づいているので、プレゼントを何に決めようかを考えている。
妻と話して、体を使って遊ぶ遊具か頭を使うものか洋服などにするかを決めようとしている。
考えるがなかなか決まらないので、実物を見て決めることにしたけど、これだというものがなかった。
だけど、こどもに遊ばせてみたら、以外と簡単に決まった。
秘密基地というおもちゃに夢中になったから、それに決めた。
ただ、今のマンションが小さいので、小さめの折りたたみ可能なものに話して決めた。
値段もなかなか安かったので、よかった。

どしゃ降りの祝日の昼に友人と
久しぶりの外での仕事の時、初めて業務で一緒に過ごしたAさんという男性は、体の大きな人だ。
一番初めにお会いした時から厳しそうで、プラーベートな会話はちょっとだけしかお話したことがなかった。
先日、何気なくAさんの半袖になったうでを拝見してびっくりした!
大粒のパワーストーンブレスレット10個以上つけられていたから。
気付いたら、天然石大好きなんですね!と話しかけてしまった。くらい。
そしたらAさんは得意げに、想像とはうらはらにやさしい顔で、種類別の天然石の由来語ってくれた。

目を閉じて泳ぐ友達と突風

業務のためにいくつかスーツに合うYシャツを所持しているけれど、毎回購入するときに何枚も試しに着てみる。
これくらい、着てみた感じに執着するのも変わってるかと思っていた。
しかしながら、この前、ワイシャツはオーダーでという方がいたので、ビックリした。
けれど、シャツだけでスタイルが良く見えるので、いいかもと考えた。

雨が上がった休日の夕暮れに立ちっぱなしで
花火の季節だけど、しかし、住んでいるところが、観光地で毎週夜に、打ち上げ花火が打ち上っている、もう慣れてしまって、新鮮さもなくなった。
毎週夜に、打ち上げ花火を打ちあげているので、クレームも多数あるらしい。
自分の、家でもドンという花火の音がうるさすぎて自分の子供が怖がって泣いている。
夏の季節に数回ならいいが、夏季の間、週末の夜、長い時間、大きな音が鳴り続けていては、うんざりする。
すぐに終わればいいのにと思う。

のめり込んで跳ねる兄弟とわたし

家の前の庭でハンモックに揺られ、心地良いそよ風に吹かれるのを楽しむ、休日の午後の事。
頭上にはゆったりと雲が流れていた。少年は、自分ちの猫が「シャギャァッ!」という大きな声に驚いて、ハンモックから地面に落ちてしまった。
よく観察すると我が家の猫は蛇と対面し、いつでも飛びかかれる姿勢で興奮しながらもすごんでいた。
蛇はあまり大きいものではなく、毒ももっていない種類のようだったので、少年はほうきで追い返し、ネコを抱いてまたハンモックに寝そべった。少年は、ネコの背中を撫でながら胸の上で寝かしつけ、ゆっくりとハンモックに揺られた。

どんよりした木曜の昼は昔を懐かしむ
知佳子とNYのAbercrombie & Fitchに向かった。
まじでアバクロンビーのシンプルなデザインがお気に入り。
また、お店の中の空間デザインと、満ちている香りが。
3時間くらいうろついて、アバクロンビーを出た。
気付くと、自分が歩道を占領して、通れない人が後ろにいたので、すみません!と言って振り返った。
そういえば、店員さんだと思っていた兄さん。
笑顔で、いいえ、と言っていた。
驚いたのは、彼の荷物。
アバクロでどんだけ買い物したの?と質問したくなった。
そして、スターバックスでちかことそのお兄さんの職業当てで話が弾んだ。
アンサーは永遠の謎だけど。

ラクダ

Copyright (C) 2015 天空が近くに感じた夏の明け方 All Rights Reserved.