天空が近くに感じた夏の明け方

例えば、地球に初めて来た宇宙人に「トマトジュース」のことを説明するとしたら、どうする?「カレーライス」の雰囲気とか、ううん、そもそも地球や日本についての説明からするのかもしれない。
HOME

雹が降った休日の昼は冷酒を

いつも、家で個人的に行えるような業務をして、たまにお声がかかると外に仕事に出る。
そのひと月に何回が、最強に億劫に感じてしまう。
こんなに面倒なら引き受けるの辞めてしまおうかと。
声がかかれば張り切るけど、多くの人間にはさまれて、プロジェクトで業務を成功させるのは気疲れする。
そう母に持ちかけると、言いたいことは理解できるけど、と言って、豪快に笑っていた。

泣きながら走る姉妹と電子レンジ
離れた家元に住んでいる家内の母もかわいい孫の為として、とても豊富に手作りのものを作成して届けてくれている。
キティーちゃんがめっちゃ気にいっているのだと伝えたら、話したキャラの生地で、作ってくれたが、生地の金額がたいそう高くてたまげていた。
生地は縦、横、上下のキャラクターの方向があるので気をつけなくてはならないらしい。
なのだけれど、色々、作ってくれて、送ってくれた。
孫はたいそうかわいいのだろう。

のめり込んで自転車をこぐ母さんとわたし

かつて、両親は、私の対人関係に対し大いに積極的であることを求めてきた。
平均的より離れては良くない、など。
とても生きにくい過去だったと思う。
授業が終了すると、日課のように、嘘の話を楽しそうに両親に告げる。
話せば、安心したような顔を見せてくれる。
周囲とずれると、変わり者。
こんなことだけ怖がっていた学生時代の自分と母。
可哀そうな過去だと思う。

余裕で熱弁する君と月夜
台湾人のビビアン・スーは、美しくて素敵な人だ。
すでに30代も後半なんて、全然信じられない。
昔の話だけれど、印象に残っているのが、ビビアン・スーが、英語のインタビューにアンサーしていたすがた。
まだまだ学んでいる所のようだったけれど非常に努力が見られた。
現在は英語も日本語だって、すでにペラペラなんだろうなーとみている。
ビビアンの魅力は計り知れないくらいなのだ。

控え目に走る姉妹とぬるいビール

明日香は、専門学校に入ってすぐ打ち解けた仲間だ。
明日香ちゃんの素敵なところは、受け入れの幅が広くて、細かい事は気にもしていないところ。
私が仲良くなろうと話かけたそうだが、記憶にないけど、そうだと思う。
一緒に過ごせば、すべてがシンプルになるので、とってもほっとする。
細身でスキニーなのに夜、おなかがすいてハンバーガーを注文しに行ったりするという。

自信を持って自転車をこぐ姉ちゃんと飛行機雲
3年前、体調が悪い上に、偏った食事と、眠りの具合が悪かったので、口内炎が多発した。
このままじゃヤダと思って、食生活を改善することを誓い、肌に役立つ事をやろうとリサーチした。
根強く推進されたのが、ニチレイアセロラドリンクだ。
現在に至るまで毎朝飲むことにしている。
レモン以上にビタミンCがごっそり摂取できるとの事だ。
コンディションと美肌は結局ビタミンから形成されるのかもしれない。

勢いで走る友人と枯れた森

服屋さんって大変・・・など思うのは私だけだろうか。
出勤の度に、職業柄しっかりコーディネイトしないと店のイメージにつながる。
私なんて、外で仕事する時はスーツ着ればOKだし、化粧もしてればそれでよし。
お出かけの時は、自分でお気に入りの格好で良いし、家で働くときはTシャツにジーンズで大丈夫。
なので、きっと、ファッションにかかわる商売には、就けない。
服を選んでいると、店員さんが近寄ってきて服の説明や合わせ方を語ってくれる。
何故かそれに緊張してしまい、買わずに去ってしまう。
こういった部分も、店員さんって務まらなさそうと思う事の大きな理由の一つだ。

凍えそうな平日の深夜に想い出に浸る
「間違いなくこうで間違いない!」と、自分自身の価値観のみで人を見極めるのは悪ではない。
と言いたいけれど、世の中には、事情と言われるものが人間の周りに浮いている。
この事を頭に置いておけば自信を手に入れるのは良いけれど、きつく反論するのはどうかな?と考える。
まあ、これも私の考えでしかないんだけれど。
暮らしにくい世の中になる可能性のあるかもしれない。

雲の無い日曜の早朝にシャワーを

現在のネイルは、バイオジェルなど、とても高度な技が駆使されているみたいだ。
少しだけサービスしてもらえる招待券をくれたので店に行ってみた。
人一倍、カラーやデザインに対して、こだわってしまうので、決めるのに時間がかかった。
薬指に簡単なアートをしていただいて、感動しテンションが高くなった。

湿気の多い大安の夜明けに熱燗を
だいたいは、できるだけ無地のファッションが好きな私は、かなりビビられるけど。
靴下や靴やドレスまで揃っていて、全部使用したいと考えれば破産しそうだ。
でも、jill stuartはやめられない。

ラクダ

Copyright (C) 2015 天空が近くに感じた夏の明け方 All Rights Reserved.