天空が近くに感じた夏の明け方

「トマトジュース」のことの本や論文を書くなら、どんなことを調べる?「感動」の一般的な解説なんかだろうか。それとも、自分オリジナルの考え方からの意見だろうか。
HOME

目を閉じて跳ねる友人と私

蝉鳴き声もやんだ夏の晩。
少年は家の縁側に座って、西瓜をほおばっていた。
かじってはスイカのタネを庭に吐き出していると、ときおりタネがうまく飛ばずに、自分の体に落ちる時もあった。
隣に置いたかとり線香の香りと、星のよく見える暑い夜、それと口に広がるスイカの味。
少年はそれらを堪能しつつ、この夏これから何をして遊ぼうか、と思っていた。

雨が上がった土曜の朝にひっそりと
オフィスで着るパンツスーツを購入しに行った。
コムサでモードとかフォーマルなショップも憧れるけれどギャルショップもありだと思う。
若々しくて活発な女性服の服屋でラインが強調される製品が多い。
金額はテナントによって違いが出るが、全体的にリーズナブル。
中で、製品を探していたが、小さめの物ばかり置かれていた。
着た感じも、普段より都会的に見える気もする。
なかなか素敵な買い物ができて、とってもラッキーだった。

雨が降る平日の深夜に立ちっぱなしで

何年か前から、九州の南に住んで台風の直撃をとても気にかけることになった。
強さが全然違うからだ。
九州北部に住んでいたことも関東に住んでいたこともあるが、台風の強風が全く違う。
サッカーのゴールが転がり走ると話を聞いた時は、オーバーだと思ったが、現実だった。
超大型台風が直撃した後は、高いヤシや高い樹は道路に倒れ、海の横の道は海からのゴミでたくさんで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海辺の民家では、車のガラスが破損したり、民家のガラスが破損し、天井が飛んだりと嘘だと思っていたようなことを目撃した。
直撃せずにかすめていくだけでも風はめちゃめちゃ強く、古い民家にいると家の揺れる音が大変心配してしまう。

凍えそうな水曜の早朝に椅子に座る
会社に属していたころ、会社を辞職するきっかけがやってこなかった。
とても辞職したかったという訳ではなかったから。
チームで働く意思がないのかもしれない。
面倒になって、ある時、しっかり辞めさせてくださいと言った。
こんな日になぜか、普通は若干まじめだと感じていたKさんが、気さくに話しかけてきてくれた。
会話で、私の本心をふくむ事情を知らないKさんが「この仕事、大変だよね。おまえはしばらく頑張れるよ。」といった。
色々あって泣き顔になった。
考える事があって、会社の帰りに、教育係に辞職をなしにしてもらった。

雨が降る仏滅の深夜は外へ

スイーツがたいそう好きで、バウンドケーキや水ようかんなどを自分でつくるけれど、娘が1歳になって自作するものが限られた。
私たち夫婦がめちゃめちゃ楽しみながら食べていたら、娘がいっしょに口にしたがることは当たり前だから娘も食べられるケーキを自分でつくる。
自分は、ガトーショコラがめちゃめちゃ好きなのだけれど、しかし、子供にはチョコ系のケーキなどはまだ食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやリンゴをいれたケーキが栄養的にもいいと考えているので、砂糖を少なくして入れて混ぜて焼く。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、すごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

具合悪そうに熱弁する兄さんと擦り切れたミサンガ
太宰治の、斜陽は、休憩なしで読みたくなると思う。
戦前は育ちのいい御嬢さんだったかず子が、誰にも負けない女に変貌する。
これはこれで素晴らしいと考えた自分。
この人のように、誰にも恐れない気の強さと、意見を押し通す自我が戦後は必要不可欠であったのだろう。
分かるけれど、不倫相手の作家の妻からしたらうざいだろうとも思える。

凍えそうな月曜の夜明けに昔を思い出す

取り掛かったら、完璧に仕上がるまで膨大な時間が必要なものが、世界には数多くある。
すぐにあげられるのが、外国語だと思っている。
と思っていたが、お隣の韓国の言葉は、例外ともいえるようで、母国語である日本語と語順が同じ、SVOで、なんと日本語にない音が少ないので、身に着けやすいと言う。
しっかり韓国語を学んだ友人曰く、今から始めてもわりと学びやすいので良いと思うよ、とのこと。
ちょっとだけ憧れたけれど独特な韓国語の文字はお絵かきにしか見れない。

悲しそうに歌う彼と飛行機雲
エクセルシオールでもマックカフェでもいろんな場所でコーヒーを飲める。
他にも、家でインスタントでも飲めるし、自動販売機で買う缶コーヒーでも。
私が好きなのがスターバックスだ。
共通してノースモーキングと言うのが、煙草の苦手な私にはポイントが高い。
そのため、コーヒーの匂いをより楽しめる。
価格もそれなりだが、美味しい豆が使われているのでコーヒー好きにはたまらないと思う。
甘い物が好きなので毎回コーヒーと一緒に、つられて甘い物もオーダーしてしまうという落とし穴もある。

怒って吠える家族と花粉症

東京で古くから賑わっている町が、隅田川に近い浅草。
特に由緒ある仏様が浅草の観音様だ。
ついここ最近、参拝に行った。
久しぶりに来た東京都浅草寺。
一段と、自分の目できちんと見て分かったのが、外国人のツーリストがたくさんいること。
世界中から観光客の集うここ浅草は、少し前よりどう考えても多くなった。
それは世界一背の高い総合電波塔、スカイツリー完成の関係もあることは間違いない。
近隣からは、羽田空港ハブ化に伴いアクセスが良いという事から、プラス、ヨーロッパ諸国や欧米諸国からは、着物や和装小物に憧れて来ているお客様が多数かもしれない。
ともあれ、これから先も多くの外国人観光客が、来ることを想像させられた。
この国の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る印象を抱いてほしい。
私は、仲見世通りをじゅうぶん観光することができた。
お土産として有名な人形焼と雷おこしなどをたくさん購入して、足袋や木刀も観賞させてもらった。
宝蔵門を通過すると、立派なご本堂が見える。
この屋根の瓦はさびにくい性質を持つチタンを使用して、改修工事を行ったそう。
本堂の秘仏の観音様に日本の平和を祈り手を合わせた
今年の成果が、これからの未来で表れますように。

じめじめした木曜の夕方は座ったままで
湾の近くに私たち家族は、家があり住んでいるので、地震がきたときの大津波を母が懸念している。
ことのほか東北大震災後は、海からどれくらい隔たっているのかとか逃げるルートは身の回りに存在するのかとか語る。
家内と私だって気がかりだけど、しかし、あっさりと引っ越し先も見つかるわけではない。
しかれども、本当に高波がくるとなった折に逃げのびる道のりを思い定めていないといけないと思う、だが、海の横しか近くに道路がないので、あらためて想定してみたら危ないとわかった。

ラクダ

Copyright (C) 2015 天空が近くに感じた夏の明け方 All Rights Reserved.